BluditをAmazon Linux 2で

2019-10-29 - 読み終える時間: 6 分

軽くメモっておきます。

EC2構成

  • t3a.nano(多分一番単価が安い)
  • ALBを使う(SSL証明書をサーバーに設定するのが面倒だったから)

すると、

ALTERWORKS on AWS こんな感じ

ざっくりこのような感じになります。

OpenLiteSpeed

インストールしましょう

yumリポジトリ登録

sudo wget http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed.repo -P /etc/yum.repos.d/
repo編集($releaseverが"2"になってしまう)

litespeed.repo 書き換え:$releasever → 7

AmazonLinux2でEPEL

sudo amazon-linux-extras install -y epel

openlitespeedインストール

sudo yum install lsphp73 lsphp73-common lsphp73-mysql lsphp73-gd lsphp73-process lsphp73-mbstring lsphp73-xml lsphp73-mcrypt lsphp73-pdo lsphp73-imap lsphp73-soap lsphp73-bcmath

lsphp73-mysqlは入らなかったが、使う予定が無いので無視

phpバージョンを書き換え

sudo ln -sf /usr/local/lsws/lsphp73/bin/lsphp /usr/local/lsws/fcgi-bin/lsphp5

サービスを自動起動するには

まず起動コマンドはこれ(終了は stop)

/usr/local/lsws/bin/lswsctrl start

/etc/systemd/system/openlitespeed.service 作成

[Unit]
Description=OpenLiteSpeed Web Server
After=network.target

[Service]
Type=forking
ExecStart=/usr/local/lsws/bin/lswsctrl start
ExecStop=/usr/local/lsws/bin/lswsctrl stop
Restart=on-failure
RestartSec=15s

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ただ、これはあまりうまく終了できないみたい。

それでもenableにしておく
sudo systemctl enable openlitespeed.service

とりあえず、サービスのインストールはここまで。

管理パスワード設定

sudo /usr/local/lsws/admin/misc/admpass.sh

User name [admin]:

  [ADMIN USER NAME]

Password:

  [ADMIN PASSWORD]

OpenLiteSpeed 設定

- まずはListener。port 80で。

  https://your sitename.com:7080/

  - リスナー名

    listen-80

  - IP アドレス

    ANY

  - ポート

    80

  - バインディング

    [デフォルト] ※チェック無し。すべてに関連付けられる

  - セキュア

    いいえ

  - ノート

    適当なコメント(省略可)

  →「保存」(フロッピーアイコン)

- 次にVirtul Host

  > 全てのディレクトリがあらかじめ存在する必要があります。 このWebインターフェイスでは、ディレクトリは作成されません。

  - バーチャルホスト名(オススメはバーチャルホストのドメイン名)

    [YOUR SITENAME.COM]

  - Virtual Host Root

    /sitedir/www

  - 設定ファイル($SERVER_ROOT/conf/vhosts/$VH_NAME/vhconf.confをお勧めします。)

    $SERVER_ROOT/conf/vhosts/$VH_NAME/vhconf.conf

  - ノート

  - シンボリックリンクを許可する

    はい

  - スクリプト/外部アプリを有効にする

    はい

  - 抑制された

    いいえ

  - 最大キープアライブ要求

  - スマートキープアライブ

    はい

  - 外部アプリのUIDモードの設定

    DocRoot UID

  - suEXEC User

  - suEXEC Group

  - 静的リクエスト/秒

  - 動的 リクエスト/秒

  - 送信帯域幅(バイト/秒)

  - 受信帯域幅(バイト/秒)

  →「保存」

  >  file $SERVER_ROOT/conf/vhosts/$VH_NAME/vhconf.conf does not exist. CLICK TO CREATE

  - [CLICK TO CREATE]をクリック

    > $SERVER_ROOT/conf/vhosts/$VH_NAME/vhconf.conf has been created successfully.

- Listenerとマッピング

  - [リスナー] - 「listen-80」の行の「表示」(虫眼鏡)クリック

    - バーチャルホストマップ

      「+」で追加

      - バーチャルホスト

        [YOUR SITENAME.COM]

      - ドメイン(バーチャルホストが1つだけの場合は"*"の使用が薦められている)

        [YOUR SITENAME.COM], 192.168.251.*

      →「保存」

- Admin Console

  - バーチャルホスト

    - [YOUR SITENAME.COM]

      - 一般

        - 一般

          - Document Root

            $VH_ROOT/html (このディレクトリとサイトの内容は作成しておく)

          - ドメイン名

            [YOUR SITENAME.COM]

          - ドメインエイリアス

            [YOUR SITENAME.COM],192.168.251.*

          - 管理者Eメール

          - 圧縮を有効にする

          - IPジオロケーションを有効にする

          - cgroups

        →「保存」

- 設定反映(緩やかな再起動)

  左上のホスト名をクリック

  - [緩やかな再起動]をクリック

  → 「実行」

$VH_ROOT/html/index.html が存在すれば、これでアクセスできるはず。

基本的な OpenLiteSpeed設定はここまで。

Bludit

Bludit のための OpenLiteSpeed 設定

  • バーチャルホストで以下を設定

Rewriteを有効にするを「はい」にします。

Auto Load from .htaccessを「はい」にします。

Bluditのインストール

あまり、語ることは多くありません。

  • 公式サイトからzipをダウンロード
  • サーバーのドキュメントルートに展開
  • サイトにアクセス

これでBluditのインストールが始まります😊

ALTERWORKS Labo について

まだ特筆すべきものはありません《以下広告》